おすすめブライダルフェアランキング

結婚式の見積もりの正しい見方と注意すべきポイント

ブライダルフェアの見積もりチェックパーフェクトガイド! ブライダルフェアの基礎知識

ブライダルフェアは結婚式を比較検討しているカップルが結婚式場に足を運んで模擬挙式や模擬披露宴を体験しながら式場の検討をできる仕組みのイベントです。ブライダルフェアの最後に担当プランナーと結婚式のイメージや参加人数などを相談して見積りを提出してもらって、結婚式場のクオリティ・結婚式費用の両面から気になる式場を比較することができます。ここでは、ブライダルフェアで提出される見積りチェックに関する情報を総合的に紹介していきます。

ブライダルフェアの見積りとは

ブライダルフェアの見積りとは
ブライダルフェアの見積りはプランナーとの相談状況や新郎新婦の結婚式のイメージがどれぐらい固まっているかで大きく変わってきます。

参加人数や演出など結婚式のイメージが固まっていない

結婚式費用が大きく変動しやすいのは参加人数です。一般的に1人あたり4万円〜6万円の費用が増えると認識しておきましょう。人数が増えれば増えるほど費用は上がっていきます。また、人数が増えれば大きな会場が必要になります。さらに見積りを取った会場では希望する演出ができないので、費用が高い会場に変更せざるを得なくなった、というようなことになります。

また、料理を豪華にしたり衣装のランクアップやお色直しのドレスをランクアップすると費用が増えます。女性招待客が多い結婚式ならデザートブッフェをセットにするのも忘れずに!

結婚式のイメージが完璧に固まっている

イメージや演出、招待人数が完璧に固まっていると精度の高い見積りを作ることができます。式場は契約して欲しいので最も安い値段で式を挙げられるパターンで見積りを作成することが多いです。最初の見積りを作成した後に料理を豪華にしたり、ウェディングドレスのランクアップなどで費用が上がる可能性があります。一般的に最初の見積りから50万円から100万円費用が挙がるといわれています。

複数の式場を比較する時は参加人数やウェディングドレスなどを同一条件にして理想の結婚式のイメージを固めた状態でブライダルフェアに参加すると、より精度の高い見積りを手に入れることができます。
ブライダルフェア予約・結婚式場検索サイト5社比較一覧表
ブライダルフェア予約・結婚式場検索サイト5社比較一覧表を紹介しています。今すぐチェックしましょう!

結婚式場の見積り注意点

結婚式場の見積り注意点
結婚式場の見積りを取る時の注意点は上記で紹介した精度が高い見積りを作る以外にもあります。

見積りが税込なのか?

多くの人が理解している通り、スーパーによって表示金額が税込み・税抜きに分かれます。それは結婚式場の見積りも一緒です。当編集部のスタッフが参加したブライダルフェアは両方共税込みの価格でした。スーパーと違って結婚式費用は数百万円の費用となります。仮に300万円としたら消費税だけで20万円を超えてしまいます。数十万円の費用が上乗せされるので消費税が含まれているいないかを確認するようにしましょう!

披露宴料理は中間の価格で見積りを

多くの式場の披露宴料理は下記の価格帯で提供されているケースが多いです。

  • 1名10,000円〜13,000円
  • 1名13,000円〜16,000円
  • 1名16,000円〜20,000円
  • 1名20,000円〜

披露宴料理はもっとも安い価格のコースを基準に料理の品数が増えていく形で値段が上がっていきます。2万円を超えるような価格の商品になると料理の品数が多くなりメニュー構成などもガラッと変わるケースが多いです。メイン料理のお肉だけ上のコースにするなどの柔軟な対応も可能となっている会場が多いです。

フリードリンクの費用が見積りに含まれているか確認しましょう。また、安い価格のコースでもケーキブッフェを追加すれば参加ゲストの満足度は飛躍的に高まります。料理の質を極端に上げなくてもケーキバイキングでカバーすることができます。

ウェディングドレスの価格は安すぎないように

ウェディングドレスの価格も高めに
ウェディングドレスの価格も高めに設定しましょう。女性は15万円〜40万円程度、男性のタキシードは5万円〜19万円ぐらいが相場となっています。式場によってはレンタルドレスでなく持ち込みも可能となります。ただし、持ち込みが可能な式場でも別途、持ち込み費用やウェディングドレスとタキシードの保管費用がかかってきます。

続いて、結婚式の見積りを比較するポイントを確認していきましょう。

結婚式の見積りを比較する時のポイント

可愛い女性
結婚式の見積りを比較する時のポイントとして正しい見積りの見方を理解しておくと良いです。一般的にブライダルフェアで式場が提出する見積りはもっとも安い状態となっています。新郎新婦のこだわりにもよりますが、初期の見積りから100万円ぐらい費用が上がると認識しておくと良いでしょう。

100万円〜150万円が自己負担額。一般的な計算方法として1人あたり5万円〜6万円が一般的な結婚式費用の考え方です。※100人参加したら500万円〜600万円が結婚式費用。

挙式

一般的な挙式費用は結婚式費用の10%以下のウェイトを占めますが、曜日や日程などで大きく変動するケースもあります。人気がある日取りかつ人気がある会場を選択すると高くなるケースもあるので彼氏と日程を相談する時に候補日をいくつか持っておくと良いでしょう。ブライダルフェア当日に成約すれば会場費用を全額負担してくれるケースもありますので要チェックです。

参列者の人数が多くなればなるほど料理やドリンクのクオリティで見積りが変わってきます。料理のコース内容やドリンクが提供されるタイミングと種類、飲み放題メニューを増やした場合の費用などを確認しておくと良いでしょう。

披露宴会場やケーキ

会場の空室具合によっては料金が変動するケースもあります。ウェディングケーキも本物なのか、イミテーションなのかを事前に確認しておくとベストです。見積りの段階でプランナーにイメージを具体的に伝えれば伝えるほど見積りの精度が高くなっていきます。新郎新婦がちょっとした工夫だから費用が変わらないと考えていても会場側ではとても大変なことで費用が増える可能性が大いにあります。

衣装やヘアメイク

意外と抜けがちですが、タキシードとウェディングドレス、カラードレスはこだわればこだわるほど費用が上がっていきます。式場が提携しているレンタルウェディングドレスの平均価格を確認しておくと良いでしょう。親切な式場だったらウェディングドレス費用の下限と上限を提示してくれます。

ウェディングドレスは式場レンタルするとした場合、それ以外の衣装類の持ち込みが可能なのかを確認しましょう。別途持ち込み費用が発生する可能性もあります。レストランウェディングは持ち込み費用がほとんどありませんが、ホテルウェディングだったら持ち込み費用が発生する可能性があります。

アルバム、スナップ写真、映像など

アルバムやスナップ写真費用、映像制作にかかる費用なども事前に確認しておきましょう。式場によってはこれらの費用を初期見積りに含めないケースもあります。いくつかの式場見積りを比較する時に混乱してしまう原因になります。もし、細かいこれらの費用が抜けていたら費用を入れてもらった見積りを再度作ってもらうと良いでしょう。

仮予約を効果的に使うことで式場選びが効率的になりますが、式場によっては申込代金を5万円から20万円程度支払いますが、キャンセルしても戻らないケースがあります。十分に確認した上で仮予約することをおすすめします。

最後に結婚式の諸経費を理解しておきましょう。追加でかかってくる費用です。

結婚式でかかる主な諸経費

可愛い女性
結婚式の諸経費はたくさんあります。費用の感じ方は収入や生活環境によって千差万別ですが、事前に理解しておくことでブライダルフェアで複数会場を回る時に限りなく同じ条件で見積りを比較できます。

新郎新婦の衣装

ウェディングドレスやタキシードは会場でレンタルするのが一般的で、式場が提携しているレンタル衣装会社などにより見積りが変動します。一般的に女性のウェディングドレスが20万円から40万円、男性のタキシードが8万円〜20万円程度です。こだわればこだわるほど費用が上がっていきます。ご注意ください。また、ブライダルフェアの前にウェディングドレスの相場を知ろうという記事で紹介していますが、ウェディングドレスのデザインや人気度によってもレンタル費用は異なってきます。支度・引き上げ料も3万円程度します。

衣装保管料も発生する式場は多いです。新郎新婦で5万円程度するケースもあります。新郎衣装の保管料のほうが安いです。

家族写真・スナップ写真

専属のフォトグラファーが来て家族写真・スナップ写真を取る時にもお金がかかります。こちらは高額で実力が高いフォトグラファーに依頼して、各種スナップ写真・家族写真を撮影するだけで20万円程度かかるケースもあります。

結婚式の試食会完全マニュアル!披露宴の料理は必ずチェック
結婚式の試食会完全マニュアルを紹介しています。ブライダルフェアの試食会で気になる点がある方は今すぐチェックしましょう!

スタイリング・メイク

新郎新婦のスタイリング、新婦のボディメイクなどで3万円から10万円程度の費用が発生します。

控室や両家の両親の衣装

親族や身内用の控室を用意すると費用がかさみます。家族用の控室レベルで3万円程度の出費がかさむ会場が多いです。また、両親の衣装も手配すると費用が発生します。タキシードとドレスで5万円程度を見ておくと良いでしょう。こちらも式場によって大きく変動します。

結婚式場、披露宴、演出以外の費用で多く見積もって50万円程度となります。全体から比較すると10%〜20%程度の費用構成となりますが、なるべく無駄な費用はカットするべきだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェアの見積りに関する情報を総合的に紹介しました。ブライダルフェアで提出される見積りは注意しておかないと、必要最低限の価格で提出されてしまいます。希望する費用が含まれていなかったり安い価格の料理を選択されてしまっていることもあります。披露宴料理のグレードを確認して2人が考えるグレードで見積りを作成しましょう。披露宴料理の価格は参加人数分のってくるので要注意です。

豪華特典が全員もらえるお得なブライダルフェア予約
商品券ギフト特典が高額なおすすめブライダルフェア
結婚式を挙げるカップル

ブライダルフェアに参加するだけで最大5万円〜8万円の商品券ギフト(電子マネーギフト)がもらえる結婚式場予約サービスの最新キャンペーンを一覧で比較しています。
有名タレントが推奨している結婚式場予約サービスのハナユメを筆頭にマイナビウェディング、ゼクシィなどの人気サービスの特典も一覧でチェックしてください。
きっとあなたの目的を満たす結婚式場予約サービスが見つかります。スマホから簡単予約して商品券もゲットしましょう!

ブライダルフェアの基礎知識
シェアする
ブライダルフェアのいろは
タイトルとURLをコピーしました